トイレで健康管理ができるかも?

>

海外の人に対して日本のトイレは素晴らしい?

最新式の便座は、どこで体験できるかな

商品の流れというか流通は、まず最初に使ってみて良い感想が世の中に出回ると沢山の人がそのモノを求めるという構造になっているよね。そうそう禁煙の推奨も公共施設や企業からも後押ししているようにね。沢山の人の知ってもらうという目的では、企業や公共施設が導入すると沢山の市民や勤め亭る人に利用していただけると思うのです。
営利目的の企業は、購入可能な経済力のある方をターゲットに販売戦略を立てているとは思うのですが、本当に使ってもらいたい人というのは、経済力の弱い人が多いのではないでしょうか。そこで、企業の理念や社会貢献を目的として、使いたくても使えない人が暮らしていたり、彼らが利用するトイレを改装する事業があってもいいと思うのです。もしかすると、私が知らないだけで既に、そのような活動もあるのでしょうか。そうよね、福祉車両も社会福祉法人などに提供している活動もあることだしね。

自宅に置いてみたいよ

個人の活動にもよりますが、自宅で過ごす時間が多いという人も沢山いるのではないでしょうか。
会社へ出勤をして労働をして収入を得るというスタイルが変化し、自由に収入を得る仕組みも整いつつある昨今だもんね。また、病気が発病して通勤が困難人も自宅で仕事ができるという事例も沢山出てきていますしね。
このように、働き方や暮らし方も自分でデザインできるのも、技術革新の恩恵ですね。
ならば、その最新式の暮らしを更にバージョンアップさせるにもトイレの空間を設備にも充実しておきたいと思います。経済的に力不足である私には少し手が届かないのですがね。でも知人や友人宅の改装で最新のトイレになったのなら是非、体験したいと思います。


この記事をシェアする